アメリカでみかけた英語で英語学習

ホーム > 飲食店等でみかける英語 > バーガーキングの「高さ制限」「道の広さ」。クリアランスの使い方

バーガーキングの「高さ制限」「道の広さ」。クリアランスの使い方

クリアランス

バーガーキングのドライブスルー。

この写真では見えませんが、料金を支払うところには屋根がついていて、背の高い車は通れないようになっています。

さてこのバーガーキングの高さ制限。
調べてみたら、意外と独特な意味があることがわかりました。

clearance は通路の幅・高さ

高さ制限 (height limit) があるということは、 「これ以上の高さのある車は危ないですよ!」 ということですから、私なら例えば 「危険!高さ制限8フィート6インチ」 などと書いてしまいそうです。

今日バーガーキングで見かけた高さ制限の標識には、次のように書いてありました。

YOU’VE GOT CLEARANCE TO HAVE IT YOUR WAY.
CLEARANCE 8′ 6”

【clearance】 は英英辞典で見ると、次の意味があることがわかります。

width or height of opening: the width or height of an opening or passage
(参考訳: 通路の幅、高さ)

私はクリアランスというと、安売り、セールなどをすぐ思い浮かべてしまいます (笑)

CLEARANCE 8′ 6” ということは、道幅が8フィート6インチ (=約260センチ) ということですね。

単純に道の広さを説明しているように見えますが、良く調べたら、もっと深い意味があることがわかりました。

HAVE IT YOUR WAY (お好み通りに) はバーガーキングのスローガン

調べてみたら HAVE IT YOUR WAY はバーガーキングのスローガンで、「お好みどおりに」 という意味でした。

バーガーキングでは、ハンバーガーのオプションとして、ベーコンを入れたり、チーズを入れたり、ハンバーガーの具をお好みで指定することができるのです。

そういえば、私もいつもベーコンを追加してます : )

さて、以上の内容をあわせて考えると、上の標識は次のように考えられるように思えます。

Your Way (あなたのやり方で) の意味の Way と通路の意味の Way をかけて・・・

「それをあなた流にする道の広さは、8フィート6インチです 」

“危険!高さ制限8フィート6インチ” などと書くよりは、ずっと気が利いていてポジティブな印象を受けるように思います。

ちなみに、 ‘ve got (have got) の部分は は所有している (possess, own, …) というときの have と同じ意味でしたね。

今日学んだこと

clearance は通路の幅、高さ

HAVE IT YOUR WAY は、「あなたのお好み通りに」 というバーガーキングのスローガン。

ホーム > 飲食店等でみかける英語 > バーガーキングの「高さ制限」「道の広さ」。クリアランスの使い方