アメリカでみかけた英語で英語学習

ホーム > 飲食店等でみかける英語 > 多様性のある職場 ~ スターバックスの求人広告から

多様性のある職場 ~ スターバックスの求人広告から

アメリカに住む人のやり直し英語ブログ

スターバックスの求人広告。思わず写真に撮りました。

求人広告英語

求人広告はこんな風に書いてありました。

We’re Hiring!
Email your resume to メールアドレス to be considered
for Store Manager Opportunities.
Starbucks is an equal opportunity employer Commited
to hiring a diverse work team.

不景気のなかでも、こうして雇用機会がありますよ、とアピールすることは景気が良さそうに見えて企業イメージにプラスなんでしょうね。

ありがちな書き方と思いますが、一つ一つ見ていきましょう。

「求人してます」

We’re Hiring!

「店長職に (Store Manager) に対する応募のため履歴書 (resume) をメールで送る」

Email your resume to メールアドレス to be considered for Store Manager Opportunities.

「多様性のある職務チームを作ることを約束している雇用機会均等な雇用主である」

Starbucks is an equal opportunity employer Commited to hiring a diverse work team.

ここで出てきた多様性 (diversity) に着目して、関連語句を調べてみましょう。

多様性に関する英語

diversity (多様性、ダイバーシティ) は主にビジネスシーンにおいて、人種、国籍、性別、宗教、年齢など、様々な要素にかかわる “多様性” を理解する動きのことを指して使われるようです。

私の勤めていたある某大手アメリカ企業でも、その取り組みが行われていました。

多様性を受け入れ、偏狭な差別のない職場環境を確保し従業員が能力を発揮できる場にすると同時に、いろいろな考え方の出来ることからビジネス自体の競争力が高まる、という考え方です。

Equal Employment Opportunity (EEO) 均等な雇用機会
Diversity in the Workplace 職場での多様性
Workplace Diversity 職場での多様性
Workplace Discrimination 職場での差別
Affirmative Action 差別是正措置

今日学んだこと

diversity は多様性を理解することを表す

ホーム > 飲食店等でみかける英語 > 多様性のある職場 ~ スターバックスの求人広告から