アメリカでみかけた英語で英語学習

ホーム > 街でみかける英語で学ぶ > 私どもにインストールをご用命ください

私どもにインストールをご用命ください

アメリカに住む人のやり直し英語ブログ

近所の大型コンピュータ専門店 Fry’s で、思わず写真を撮りました。

ワイヤレスルーターのコーナーで見かけました。 Have Us Install Your Wireless Internet. Only $39.99 (私どもにあなたのワイヤレスインターネットのインストールをご用命ください)。「ワイヤレスインターネット」 をインストールすると言うのは変な話なので、要は 「ワイヤレスルーターの設置サービスが $39.99」 ということでしょう。

それにしてもこの英語、使役動詞を使っています。 let, make, have, get といろいろあって、用法が良くわかりません。

家に帰ってきて調べたら、使役動詞の使い方にこんな違いがありました。


(1) Let + 人 + do + 物事
– 相手がしたいと思っており、あなたが出来ればして欲しくないと思っているときに使う表現

We let our daughter go to Hokkaido with her boyfriend.
= We allowed our daughter to go to Hokkaido with her boyfriend.

(2) Make + 人 + do + 物事
– 相手はおそらくしたくないと思っているが、あなたはさせたいと思っていることをさせるときに使う表現

We made our children do their homework before we went out.

(3) Have + 人 + do + 物事
– 相手がその行為をしてくれると期待する権利があるときのみに使える (つまり、上司から部下に何かをさせる、先生が生徒に何かをさせる、客がお店に何かをさせる等)

We had the builder put an extra window in the living room.

(4) Get + 人 + to do + 物事
– 話し手と相手がどういう関係かは問題にならず、何かをしてもらうときの表現

I got my teacher to check the letter
= I asked my teacher to check the letter, and he did.

今回店頭で見かけた表現は、(3) の Have です。

Have Us Install Your Wireless Internet. Only $39.99

確かに客はお店に依頼する権利があるため、このような表現になっているということでしょう。

日本の学校ではどれも 「使役動詞」 としてひとくくりにして習ったのに・・・、英語は難しいです。

スポンサーリンク
ホーム > 街でみかける英語で学ぶ > 私どもにインストールをご用命ください
スポンサーリンク