アメリカでみかけた英語で英語学習

ホーム > 街でみかける英語で学ぶ > IKEA は Why-Sayers を採用します

IKEA は Why-Sayers を採用します

今日は、家具の IKEA で見かけた求人広告を取り上げます。

有名な話だと思いますが、IKEA はアメリカではイケアと読まず、「アイケア」 のように発音しますので注意が必要です。

弊社では 「なぜ」 という人 (=why-sayers) を採用しています

IKEA で買い物を済ませ、$1 のフローズンヨーグルトを食べて休憩していました。(IKEA は広くてお買い物が終わる頃には疲れてしまいます)

ふと見ると、求人広告がありました。We’re hiring … というのは、求人広告でみる基本的な書き方です。

まず目を引くのは、腕に IKEA のタトゥーを入れた女性の写真です。

腕に IKEA といれるくらいですから、相当な愛社精神を持って挑まないといけないのでしょう(苦笑)

さらに、その次にちょっと変わったことが書いてありました。

We’re hiring why-sayers.
「私どもは why を言う人を雇用しています」

そして、その下には次のような説明文が記載されています。

PEOPLE WHO WANT TO MAKE THINGS BETTER. MAKE THINGS MORE FUN. MORE CLEVER. PEOPLE WHO AREN’T AFRAID OF THE BOSS. PEOPLE WHO AREN’T RESTRICTED BY CONVENTION. BUT CHALLENGED BY IT. PEOPLE WHO FIT PERFECTLY AT IKEA. BECAUSE IT’S THE WHY THAT MAKES US SUCCESSFUL. IF YOU HAVE RETAIL EXPERIENCE AND ARE LOOKING FOR FULL-TIME OR PART-TIME ENTRANCE AT THE WEST END OF THE BUILDING.. 物事をより良くしたい人、より楽しく、賢くしたい人、上司を恐がらない人。慣例によって制限されず、それによって鼓舞される人。こういう人達は IKEA にピッタリです。なぜなら、WHY こそが IKEA を成功に導くからです。…(以下略)

こういう文句が魅力的と思われているであろうことこそが、アメリカでも意外と why と物事に疑問を持つような人は多くなく、上司を恐れ、慣例や習慣によって縛られる人が多いということなのでしょう。

今日のまとめ

  • IKEA は Why-sayer を探しています
ホーム > 街でみかける英語で学ぶ > IKEA は Why-Sayers を採用します