アメリカでみかけた英語で英語学習

ホーム > 街でみかける英語で学ぶ > 在庫のある限り、という英語

在庫のある限り、という英語

スターバックスでタンブラーのクリアランスセールをしていました。

クリアランスということは、つまり在庫一掃セール。 英語で 「在庫のある限り」 ということを言うには何と言えばよいでしょうか。

「在庫のある限り」 は While Supplies Last

スターバックスのクリアランス (clearance) セールとして、緑色のタンブラーが安く売っていました。かごに入ったタンブラーの横に札が立ててありました。

Clearance
Priced as marked.
While supplies last.

Priced as marked. は 「値段は表示されている通り」。 続いて、While supplies last. とあります。

while は “~の間”。 supply は “供給”。 last は “続く”。 ということで、このまま訳すと、「供給が続く間」 ということになります。 しかしここでは、 “While supplies last.” という表現で、「在庫のある限り (数に限りがありますのでお急ぎください)」 ということになるようですね。

“while supplies last” という表現でインターネット上の文書を探すと、たくさんヒットします。

While supplies last! Hurry! 「在庫のある限り!急げ!」 というように、宣伝で普通に使われる表現のようですね。

今日のまとめ

  • “While supplies last.” → 「在庫のある限り」
スポンサーリンク
ホーム > 街でみかける英語で学ぶ > 在庫のある限り、という英語
スポンサーリンク