アメリカでみかけた英語で英語学習

ホーム > 生活で一般的にみる英語 > 一般的な名詞を特別な意味で使うときの THE の使い方

一般的な名詞を特別な意味で使うときの THE の使い方

英語で、わざわざ THE をつけているのが気になったことはありませんか?

カタカナで「ビートルズ」でも、本当の名前は "The Beatles" です。

Wikipedia でみても、ちゃんと THE が付いてます。

それから、アメリカの DIY 等を扱うお店の名前も "THE HOME DEPOT" です。

やっぱり THE が付いています。

それでは、名前には何でも THE が付いているのか、といえばそうでもなく、以前紹介した潤滑剤には THE は付いていません。

"THE WD-40" ではなく "WD-40" です。

このように、名前に the が付くときと付かないときがあります。この違いは一体なんでしょうか?

名前に THE が付くのは一般名詞を固有名詞にするとき

この違いは、特定のモノ・対象の名前が一般名詞のときです。言い換えると、一般的な名詞を固有名詞として使いたいときに THE を付けます

上の例で言うと、ビートルズの「ビートル」というのは「カブトムシ」の意味です。

そのため、当然ながら単に Beatles と言ったら「複数のカブトムシ」あるいは「カブトムシ全般」となります。

だから、beatles はこれ↓です。

そこで the をつけて、 "THE Beatles" といいます。

すると、「『カブトムシ』って名前は付けたけど、本物のカブトムシのことではなく、何か別のものだな」とわかります。

こちら↓は "The Beatles" です。

上述の Home Depot についても、home は「家」、depot は「倉庫」という風に、一般名詞です。このためお店の名前として Home Depot という名前にするには、 The Home Depot にする必要があるのです。

一方、WD-40 の方は、一般的な名詞ではありませんから、The WD-40 と言わず、WD-40 だけで良いのです。

ホーム > 生活で一般的にみる英語 > 一般的な名詞を特別な意味で使うときの THE の使い方