アメリカでみかけた英語で英語学習

ホーム > 生活で一般的にみる英語 > 潤滑スプレー WD-40

潤滑スプレー WD-40

今回は WD-40 という潤滑剤を取り上げます。

これ、とても便利なのでぜひ覚えておくといいと思います。すごく性能のよい潤滑スプレーです。例えばドアの鍵穴のすべりが良くない、とか、何か家具などのすべりが良くないと思ったときにシュッと一吹きするだけで解決します。

Office Depot や Lowe's などのお店で買えます。

WD-40 は普通のスプレータイプで売っているのが普通ですが、こういう大きな缶でも売っています。

WD-40

さらにこういうペン型の WD40 も売っていて、スプレーだと油が飛び散って嫌だ、というときには便利です。

WD-40

さて、今回取り上げるのはそこに書いてある英語についてです。

書いてあることをじっくりみてみましょう。

WD-40

こう書いてありますね。

Stops Squeaks
Removes & Protects
Loosens Rusted Parts
Frees Sticky Mechanisms
Drives Out Moisture

では単語をみていきましょう。

Squeak は "to make a short high noise" ということで、「キィキィする音」ということですね。

発音は「スクィーク」という感じの音です。

rust は「さび (錆)」。WD-40 は防錆剤(錆止め剤)でもあります。(ちなみに、防錆は "ぼうせい" と読みます。念のため)

sticky は第一義的には「ねばねばくっつく」ということになります。その他、天気が sticky ならば「蒸し暑くて不快である」、状況や問題が "sticky" ならば 「解決が困難である」、ウェブサイトが "sticky" ならば「興味があってついつい長時間見てしまう」というように使われます。

drive out は "force to go away" ということで、「追い出す」「追い払う」ということ。moisture は湿気ですね。

単語

squeak → 「キィキィ音」

rust → 「錆」

sticky → 「ねばりつく」

drive out → 「追い払う」

上にもちょっと書きましたけど、我が家でも玄関のドアの鍵がスムースに回らないときは直ぐに WD40 を吹いてます。面白いくらいスルスルになります。

ホーム > 生活で一般的にみる英語 > 潤滑スプレー WD-40