アメリカでみかけた英語で英語学習

ホーム > その他のジョーク > CEO とシュレッダー

CEO とシュレッダー

午後6時、若い重役が仕事を終え家へ帰ろうとしていたとき、CEO が手に紙を持ってシュレッダーの前に立っているのが見えた。

その CEO はその重役に言いました。

「ちょっと聞いてくれ。これは非常に重要な書類だが、秘書はもう帰ってしまったんだ。手伝ってくれないか?」

「もちろんですとも」

若い重役はそう答え、シュレッダーの電源を入れ、その紙をいれ、スタートボタンを押しました。

「よし、そうだ!うまいぞ!」

CEO はシュレッダーに紙が消えていくのを見て言いました。

「私は一部だけ欲しかったんだよ」

(おわり)


原文は次の通りです。

A young executive was leaving the office at 6 p.m. when he found the CEO standing in front of a shredder with a piece of paper in his hand.

“Listen,” said the CEO, “this is a very sensitive and important document, and my secretary has left. Can you make this thing work?”

“Certainly,” said the young executive. He turned the machine on, inserted the paper, and pressed the start button.

“Excellent, excellent!” said the CEO as his paper disappeared inside the machine, “I just need one copy.”

ホーム > その他のジョーク > CEO とシュレッダー